立川支店スタッフブログ

2017年03月23日(木曜日)

古い物はお嫌いですか?

初めましてこの度ブログ当番を仰せつかりました、事務員のおおるいと申します。
今回初めてブログを書かせて頂く次第となった訳でありますが、
何分、今迄ブログ等は書いたこともなく、程良い題材が見つからなかった為、
僭越ながら私が趣味で集めた物を一つご紹介させて頂ければと存じます。

 

さて下の写真の物、
皆様は何と思われますでしょうか?

カメラがお好きな方でしたら「あ、蛇腹のカメラかな?」
と思われる方もおられるかもしれません。

およそ70年から80年ほど前の製品なのですが、

実はこれ、蓄音機なのです。

表蓋を外すと中にこの様に各パーツが収納されております。

まずは各パーツを取り出し、脇にハンドルを差し込みゼンマイを巻きます。

ゼンマイが巻き上がったら残りのパーツを組み上げますと・・・、

この様になります!

 

そして針をセットし、レコードを置き中のレバーを操作すると・・・

レコード盤が回転し、今でも音楽を聴くことができます!
蓄音機のレコードは通常のレコード(LP盤)と違い、SP盤と言われるかなりの厚みのある盤です。

ちなみに蓄音機の音量について、皆様はどのくらいの大きさだと思われますか?

この蓄音機はかなり小型の部類の蓄音機かと思いますが、それでも相当なボリュームで鳴ります。
場合によっては隣の部屋にいても十分に曲が聞こえるくらいです。
しかし同時に蓄音機の最大のネックがボリュームの調整機構というものが存在しない為、
常に最大音量という点です・・・。

使う針の太さによって多少は音量を変えられるのですが、
さほど音は小さくならず・・・。

後はせいぜいホーン(音の出るラッパ状の所)の中に布を詰めるくらいしか構造的に音量の変え様がないのです。

また、基本的にはレコードを一面分を聞く度に針を変えないとレコード盤を痛めてしまったり、
音が割れてしまうため、毎回針の交換をしなければなりません。

ゼンマイも一曲聞く度に、この蓄音機では約30回前後巻き上げる必要があります。

この様に書くとまた何でわざわざ不便な物を、と思われるでしょうが、
されどこういった手間を掛けるだけの魅力もちゃんと備えているのです。

第一には音楽を聴くために電池やコンセント等の電源は一切必要としません。
よって電子部品も使われていないので構造は至ってシンプルそのものです。
その為、音量さえ気にならなければどこでも聞くことができます。

そしてノイズ混じりのいかにも古めかしい、昔のラジオの様な音が何とも耳に心地よく、
かつてのモノクロ映画の時代の空気を今に偲ばせてくれます。

 

この現代においては機械の進歩も目まぐるしく、
素晴らしい性能の製品の数々が私たちの身の周りには溢れています。

しかしながら、そういった精密な電子部品の組み込まれた物や、最新の製品等は往々にして価格が高価であったり、
一度壊れてしまうと修理不能となってしまう場合もあるかとも思います。

その点、今回ご紹介させて頂いた蓄音機のみならず、
高度経済成長期以前に作られた昔の時計やカメラ等、古い道具で電気を使わないものについては、
後年の修理や調整を前提として作られている物も多い為、
製造終了から数十年以上経った現代でも修理可能なものが数多く残っています。

そしてそれらの品物にはその時代の物にしか持ちえない製作当時の技術の片鱗や、
趣といったものを現代の私たちへと時代を超えて伝えてくれます。

アンティークやビンテージといった古い物というと、概ね値段が高いと思われがちですが、
いざ探してみると思いのほか手ごろな値段で購入できるものもかなり多くあります。

また新たに購入をされずとも、
皆様のお宅の押入れの奥などにずっとしまわれたままの昔の物はありませんか?

もしその様な物が御座いましたら、久しぶりにご覧になられてみてはいかがでしょう?

当時はごく普通の家庭で使われていた品物でも、
現在の視点からよく見ると、今まで気づかなかった手の込んだ装飾や、丁寧な造り等を再発見できることもあります。

その様な物達と向き合いながら、
しばしの間、思いを巡らすというのも一つの楽しい時間の過ごし方ではないかと思います。

末筆となりますが最後までご覧頂きましてありがとうございました。

2017年03月09日(木曜日)

丈夫な身体を作るには

皆様初めまして。事務員の高橋です

11月に雪が降ったり、今年は特に寒い冬がやってまいりました。

私は風邪に負けない身体作りのために(言い訳です)、好きなモノを沢山食べています!

突然ですが今回は私の好きなお店を皆様にご紹介したいと思います。

お店の名前は、”CHERRY BURGER” 

このお店、立川にある本格ハンバーガー屋さんなのです

本格という言葉を簡単に使うな!!!!と思われた皆様。

私的本格ポイントをご紹介します。

まずお肉(パティ)。なんとA5黒毛和牛

次にパン(バンズ)。毎日店内で焼き立てです

次にお野菜。産地直送なので、いつもシャッキシャキ!

3つの本格ポイントを押さえたこのハンバーガー、食べて損はないです。むしろ得しかないです。

CHERRYさんのおススメ理由はそれだけではございません。ハンバーガーだけではく様々なサイドメニューも楽しめます。これは食欲が止まらない訳ですね

文才の無い私にはこれ以上説明できませんが、本当におすすめなのです

皆様も、立川にお越し頂いた際には是非お立ち寄り下さいませ

そして法律のことでお悩みの際は是非アディーレ法律事務所にお気軽にご連絡下さい♪♪♪

2017年02月23日(木曜日)

うさぎカフェ

はじめまして。
事務員のみやまです

初めての投稿です

 

今回は私の好きなカフェについて書かせて頂きます

 

休みの日によくいく街で
最近うさぎカフェを発見し、行ってみました

中はカフェスペースとうさぎさんがいるスペースにわかれており
カフェスペースでお茶した後に
うさぎスペースに入り遊べる感じでした

数種類のうさぎさんたちから好みの子を選べます

ちなみに私の選んだ種類の名前は…

あれ…?忘れた…

今度一緒に行った子に確認しておきますね

ちなみにこの写真の子です

 

店内もお店の方々も癒し系でとても好きな雰囲気でした

カフェメニューもとてもかわいかったです

うさぎちゃんのアイス…

しかし若干くまさんにも見える…笑

 

もともと動物はなんでも大好きで
うさぎもそれなりに好きだったんですが
特別大好きというわけではなく…

ですが、うさぎカフェに行ってうさぎのかわいさに改めて気づいて
案の定みごとにどっぷりはまってしまいました

触った感じがもはや絨毯でした!!!

しかも人懐こくてびっくり

勝手にひざの上に飛び乗ってくるんです

もうキュンキュンでした

選ぶ時にお店の方に人懐こい子どの子ですか?って聞きました

 

調べてみると私が行ったカフェ以外にも
結構たくさんあるようなので、
他のうさぎカフェにも行ってみたいなあと思っております

みなさまもぜひ近場で探してみてください

 

それではお付き合い頂き有難うございました。

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最新記事
月別アーカイブ
東京立川支店

東京立川支店 新鈴春ビル

〒190-0012
東京都立川市曙町2-8-3 新鈴春ビル5F

社員弁護士片岡 健

アディーレ法律事務所